【私の手帳術・ノート術】その①



今の手帳の基本形は、あな吉手帳です。

スケジュール管理は、あな吉さん流で
その他いろいろ試行錯誤して、今の形に落ち着きました。

その時々のスタイルで
これからも変化進化していくのでしょうが
今のところの私の手帳についてまとめてみたいと思います。

キラキラした手帳ではありませんが、
脳内メモリの貧弱な私なりの使い方です。


今回は、
あな吉手帳をはじめてよかったこと
A5バインダーの私にとってのメリット
現在の手帳の中身
について書いてみます。





あな吉手帳をはじめてよかったこと



⒈ 「できたこと」が可視化されることによる達成感


「付箋をはがす」という能動的な行為で
「できたこと、やったこと」が可視化されて
達成感を得られたことが、
あな吉手帳にハマったきっかけでした。

それまでは、時間に追われて忙しい気がするうのに
何も生産的なことはできていないような
不全感ばかりが募る日々だったのが、

「私もそれなりにがんばってるんだな」と
思えたのが、本当に嬉しかったんです。

はじめの頃は、終わった付箋も全部とっておいて
タスク完了の付箋が並んでいるのを見ながら
自分を励ましていました。


⒉ 付箋使いを覚えたこと


そして、付箋を使うことを覚えたことが、
なにより1番よかったことです。

貼ってはがせる付箋は、いつもとっちらかっている
私の脳内を整理するのにとっても合っているのです。

スケジュール管理だけでなく、
断片的なアイデアをまとめたり
やることの重要度や優先順位を考えたり
今では欠かせない生活必需品となっています。


最近は、付箋ノートというものも流行っているようですね。
やっぱり脳内整理に適してるんだと思います。







A5バインダーの私にとってのメリット


⒈ 手帳にはA5サイズがちょうどよい


A5サイズというと大きすぎるかんじがしますが、

思考を邪魔されず広々と書けて
かと言って、大きすぎることもない、

私にはちょうどよいサイズです。


⒉ 必要なものだけ持ち歩ける手帳


リフィルを取り外しできるので
必要なものだけを持ち歩けるのも
ありがたいメリットです。

あな吉手帳では情報の一元化が基本ですが、
何もかもを挟みこむと重たくてしかたないので、
私は、必要なものだけを挟んでいます。

随時リフィルを入れ替えるのもまた、
脳内整理に役立っています。


⒊ 自分に合わせてカスタマイズできる手帳


スケジュール管理はあな吉さん流ですが
その他の部分は、自分仕様で自由に使っています。

その時々に合わせて柔軟に使い方を変えます。
そうやって作り上げていくのが、とても楽しいです。

いろんな手帳術をいいとこ取りで取り入れている、
つぎはぎの手帳です。

それでも、毎日を共にしていると愛着が湧いてきます。









現在の手帳の中身


現在の手帳の中身は、次の7つです。

  • マンスリー

  • ウィークリー

  • デイリー

  • MEMO

  • NOTE

  • 食材・料理メモ

  • WISH ページ



次回から、それぞれのページについて
まとめたいと思います。

のんびりとまとめていきます。




◆ブログ村トラコミュ◆
「わたしの手帳術」・・手帳も育てよう♪
手帳パラダイス
文具・文房具







楽天ROOMに手帳術・ノート術の書籍を集めてみました。
楽天ROOM 気になる手帳




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
片田舎でひっそりのんびり暮らしているシングルマザーです。 暮らしを小さく整える記録です。

山田ちかこ

Author:山田ちかこ

カテゴリ
最新記事
ネットショッピング



参加ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
リンク
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
月別アーカイブ
検索フォーム