娘の開かずの箱を整理してもらいました

引っ越してきて一年、
娘が一度も開けることがなかった箱の中身を整理してもらいました。

結果、大きなダンボール一箱分の荷物を
ほとんど捨てることになりました。


せっかく持ってきたのにね。


一年使わなかったのは
しまいこんでいたためでもあるでしょうが
娘も成長してやりたいことにも変化があり、
一年前は必要だと思っていたものも必要なくなったのでしょう。



娘の部屋には一間の押入れがあります。
半分は備蓄や季節のものを置かせてもらってます。

ダンボール一箱分のスペースが空きましたが、
今のところ空いたままにしておきます。



スペースがある、空間があることの
心地よさを感じてほしいなあと思います。


まあ、思春期の女の子なので
細々とした小物類など多いですが、
たくさんのモノが溢れている状態もひとつの経験ですね。

彼女も整理整頓が苦手なタイプなので、
自分の適正量を見つけられたらいいなと思います。



押入れを整理できて、私もほっとしました。


















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント