空気清浄機を捨てました

都会に住んでいた頃は年中稼働していた空気清浄機
、田舎に越してからは押入れにしまいこんでいました。

花粉の時期だけ使えばいいかなとしまっていましたが
いざ出してみると動かなくなっていました。
何が原因なのかはわかりません。

使っていたのは、こちらの空気清浄機です。




見慣れたガランとした部屋に
結構存在感のあるこの空気清浄機を置くと
なんとなく窮屈さを感じました。

やっぱりモノが増えると
特に電化製品が増えると、
圧迫感というかうるさいかんじがしてしまいます。

何もない空間の方が、心地いいです。


都会では大きな道路に面したところに住んでいたので、
空気清浄機が大活躍してくれていました。

今は田舎の静かで空気もきれいな住宅地です。
空気清浄機がなくても、花粉も乗りきれそうです。

動かなくなったのは、役目を終えたということなのでしょう。
今までありがとうと感謝してお別れしました。


押入れにも空間ができました。
空間には、何も詰め込みません。




















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント